How to eradicate seditious advertisement

1 消費者庁の見解

近時、消費者庁から出された「打消し表示に関する表示方法及び表示内容に関する留意点」によれば、(とくに健康、食品に関する)広告に、その効果、効能に関する体験談を載せる場合、体験談の訴求力の強さに鑑み、以下の打ち消し表示を明瞭にしなければならない、とされる。

商品の効果、性能等に関して事業者が行った調査における
(ⅰ)被験者の数及びその属性、
(ⅱ)そのうち体験談と同じような効果、性能等が得られた者が占める割合、
(ⅲ)体験談と同じような効果、性能等が得られなかった者が占める割合等
を明瞭に表示すべきである。

2 実例

R2.12.28付け措置命令

「※効果には個人差があります」、「食事摂取に気を配り、軽微な運動を併せて行った結果です」、「※一時的な効果です」との記載がされていたが、打ち消し表示として十分でないとされた。

FWLO MOTOMURA