怎么看到证据

1 What’s Discovery ?

ディスカバリーとは、米国訴訟において実際の審理前に、事件に関連する証拠、証言を収集、開示する手続きである。

通常1~2年を要し、時間、費用の点で、米国訴訟の多くはディスカバリーの為に費やされ、訴訟の帰趨も実質ディスカバリーによって決まると言って過言でない。

2 Description of Discovery

Discovery can be incredibly tedious, boring, and time-consuming, often involving slogging through thousands of documents and emails, and taking the depositions of witnesses and parties who may or may not have anything of value to say. But the discovery process is designed to make certain that all relevant facts regarding the case are disclosed, that neither party is hiding critical information, and that there are no surprises at trial. While it may often lack the drama of a trial, the discovery phase of litigation is critically important and often determines whether a case is won or lost. At the very least, it provides complete information to every party in the case so that they can accurately evaluate settlement positions and revise those positions based on facts elicited during discovery. ~ The Discovery Process: Why Lawsuits Take Time

ディスカバリーは、信じがたく退屈で、時間がかかり、通常、数多の文書やメールをだらだらと吟味し、また必要かもよく分からないまま証人や当事者から証言を得る手続きである。しかし、このディスカバリー手続きによって、事件に関連する事実が全て開示され、どちらの当事者も重要な情報を詳らかにし、その後のトライアル(審理)での不意打ちがなくなる。
そのため、トライアルで劇的なことが起こることはまずなくなる訳だが、ディスカバリーは、訴訟において極めて重要であり、多くのケースではここで勝敗が決する。控えめに言って、事件の当事者は、ディスカバリーを通じて必要な情報を全て入手でき、それに基づいて訴訟戦略や訴訟における立場を正確に確認したり再評価できるのである。

Roughly translated by MOTOMURA